読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:Start

いまはディレクターやってます

いやぁ、こういう関係を築きたいものですよね -『愚の骨頂 続・うさぎとマツコの往復書簡』

愚の骨頂 続・うさぎとマツコの往復書簡

愚の骨頂 続・うさぎとマツコの往復書簡

テレビを観るようになってから、マツコの番組ばっかり見てて、この前の「アッコにおまかせ」でマツコのレギュラーは5~6本しかないというのがいまだに信じられない今日この頃です。もやもや。

この本が出版されたのはだいぶ古いので、ネタ自体の鮮度は低いのですが、感銘を受けた部分もあります。

自由に発言していいのだ、と。 もっと自由になろう、と。

この本は、往復書簡という良さもあって、時間も空間の差もあるぶん、含蓄の多い文章が繰り広げられています。合わない人はものすごく合わなそうだな(笑) かという私も、だいたいは飛ばし読みでした。かみ合ってないような、きっと笑顔では喋ってないんだろうな、というあの感じがうまいこと文章にも現われています。

でも、ふてくされたような表情のくせに、お互いがお互いを認め合っていて、深い所でつながっているんだなと節々で感じる。「これはこれだけど、これはいいよね」みたいな・・・なんていうか、感情と文章、そこにある事柄をちゃんと切り分けて考えられているな、と。

とにもかくにもうらやましい関係だな(きっと実際は面倒くさい部分も多いんだろうけど) と思ったのでした。

だから私も、ツイッターでぼやくのではなくて、たまにはまとまった文章を書く習慣をつけたいなと思います。二人の関係だけでなくて、物事のとらえ方自体もきちんと文章で残しておくことの面白さを私も体感したいのです。

がんばりま、っしょ。