読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:Start

いまはディレクターやってます

職安に行ってみた。

実は、退職してから失業保険の手続きをしてなかったww
周りからは「そんな貢献してどうすんの?払った分、取り戻さないとー!」って、怒られたww
私も不器用だなぁと思う。


ただ、この国の手続きもクソで、

  1. 職安に行く
  2. 書類を提出する
  3. 職業希望シートを提出する
  4. 別日に開催される全体説明会に参加する(義務) ←初日からだいたい1週間後
  5. 別日の認定日に書類を提出しに行く ←初日からだいたい2週間後(月初)


で、さらに受理された後1週間は謎の認定期間と呼ばれ保留されるので、3ヶ月と1週間後に初めて失業保険が振り込まれると...いう仕組みです。他の公共機関に比べるとここの職員さんには心を感じた。そんぐらいだね。全てがアナログの世界でした。タイムスリップしてしまったかのよう。IT化は感じられないねぇ。


義務として月に2~3回、活動成果を残さなきゃいけない。これには職安に来て、応募したり、そこの面談を受けたり、しなくちゃなんだけど...

「高望みばかりして職を選ばないのも求職中とはみなさない」

と一言書いてあって、案の定、「は?なめんなよッ!」と思うわけですよ。
あのねぇ、選ばなかったら仕事なんていくらでもあるわけよ。でも、そうじゃないでしょう。とりあえず働くなんて奴隷制度を国が推奨してどうすんねん!税金納めれば何でもいいのかーくそがー!と思ってしまったわけでした。ちゃんちゃん。


10/1から働き始めたので、結局認定日には行かずに、保険料も安くなったかもしれないけど、その後は何もせずに、今年は確定申告しなきゃいけないなぁと考えながら、今に至ります。


ねぇ、公共機関を良くするにはどうすればいいの?