読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:Start

いまはディレクターやってます

2012年2月の読書メーター

2月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1918ページ
ナイス数:11ナイス

2月の最もオススメな本

イノベーションのDNA 破壊的イノベータの5つのスキル (Harvard Business School Press)イノベーションのDNA 破壊的イノベータの5つのスキル (Harvard Business School Press)
立ち読みで全て読みつくしてきました。イノベーションを起こすための4つのスキルと高め方を学んだので実践していこうと思います。すごく面白かった。特に発見力と実行力の舞台の割合を考えることが大事とか、比重の話とか今後生きていく上で考える指針にもなりうるなと思う本。さすが8年の歳月を費やしただけはあるかなと。
読了日:02月26日
著者:クレイトン・クリステンセン,ジェフリー・ダイアー,ハル・グレガーセン

店頭のビジネス本をパラ読みするなら

グローバル資本主義を卒業した僕の選択と結論グローバル資本主義を卒業した僕の選択と結論
立ち読み。帯のキャッチコピーに対して、内容が見合ってなかった。東大への合格法が一番印象的でそれ以外の知りたい箇所に関しては、あまり触れられていなかったように思える。どこが焦点だったのやら。目新しさはないですが、刺さったところは、「基本が大事なので、人に話せるぐらいまで基礎固めはおこなっておくように」「英語は直読直解する」「衝動を大事にする」
読了日:02月26日
著者:石井至

SNS的なマーケティングを軽く学びたいなら

グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶグレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ
立ち読み。マーケティングの本と思って読むと、とてもポップで面白い。内容としては、SNSマーケが主で、特に目新しさを感じなかった。簡潔に表すならば、自分で選んだ道を自分で切り開いて行きましょう!答えはないんだぜっていうお話。
読了日:02月26日
著者:デイヴィッド・ミーアマン・スコット,ブライアン・ハリガン

デザインセンスにマーケティング要素を

デザインセンスを身につける (ソフトバンク新書)
ちょっとちらしを作らなきゃいけなくなったので、構図など参考にするために購入した。アイコン論などSNSに沿った話も出て、興味深かった。それ以降、アイコンを見る目が変わったと思う。ウジトモコさんがマーケの人なので、デザイン+マーケの思考がとても興味深い。
読了日:02月19日
著者:ウジ トモコ

仲間について考えたいときに

ルフィの仲間力  『ONE PIECE』流、周りの人を味方に変える法ルフィの仲間力  『ONE PIECE』流、周りの人を味方に変える法
立ち読み。ちょうどチームについて考えてた時だったので、とても熱くなった。それぞれ個性を活かせばいいのだし、違うからこそ面白いのだ。また、家族が中心だった社会から外へ出て仲間を探す社会へ世の中が転換していっているという所も面白いと思った。家族中心ヒーローの終焉がドラゴンボールらしい。悪がいるからそこへ行くのではなく、自分で設定した目標へ立ち向かっていくのがONEPIECEであり、現代なのだ。
読了日:02月19日
著者:安田雪

デザインについて一通りまとまった良本

ウェブデザインのつくり方、インターフェイスデザインの考え方。ウェブデザインのつくり方、インターフェイスデザインの考え方。
2週目はじっくり読んでる。jq.mobiを使い始めたものの、デザインに既に飽きつつあったのでネタがないかと探してみた。webとmobileと紙媒体では配色が違うとか、コンテンツレイアウトの考え、モックを作り上げる事で技術の漏れにも気づけるとか、実践的な明日でも使える知識満載です。見てるだけでも楽しいけど、実際に使っていきたいです。
読了日:02月08日
著者:矢野りん

みんなオススメの元気をくれる本

情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方
意外と薄い本でびっくりしたし、引き合いに出されるのが音楽時代の話だったのも意外だった。けど、だからこそ自分もこのワークをやれば高みに近づけるんじゃないかと前向きな気持ちになれる本。こんだけたくさんワークを提示されれば、いくつかやれて当然なのだ。たまに読み返そう。でもCleanCoderのほうがグッときたかな。
読了日:02月06日
著者:Chad Fowler

ボブおじさんの新作

Clean Coder プロフェッショナルプログラマへの道Clean Coder プロフェッショナルプログラマへの道
初級後半から中級の人向け。読むだけで、心構えも変わる。あのときはああしてればよかったんだと後悔したし、もう「試しにやってみます」とか言わないッ!アジャイル/見積もり周りがさらりと入ってたのは印象的でした。本書に従ってしばらく動いてみます。
読了日:02月02日
著者:Robert C. Martin

2012年2月の読書メーターまとめ詳細