読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:Start

いまはディレクターやってます

『目標達成の技術』を読んだ。

こういう本が好きで、大学生の頃から時を空けて何度か読んでいる。
結果的に目新しいものなんてほとんどないんだけど、読むたびに何か新しいところがわかったり、忘れてた事を思い出させてくれたりするし、もちろん元気にさせてくれることもあるので、定期的に繰り返して損は無い。


こういった本で繰り返されるのは、
自分を信じる事、そして、決めた習慣をポジティブな気持ちで少しずつ進めていくことが大事だということだ。
そのために目標を明確にし、紙に落とし込んでもちろんその過程の中で、自分のパターンを分析し、日々の行動を改めてなりたい像に近づけて行くのである。


ってね、よくある啓発本なんだけど、ちょうどこの前、某リンスタの会社の和波さんが、「フェーズの上まで上り詰めたら、計画なんて何もされていないことに気づいた」って言ってたのを聞いて、目標設定なんてとやかく言われるけど、そんなん立ててる人なんてほとんどいないのと同じなのかもなぁと思ったのでした。


ガッツリ立ち読みしてしまったけれど、本当は手元に置いて、全部ワークしたい。
安いし(店頭では価格を見てない)

以下、本文より引用(一部要約)

○ 目標達成の五段階
1. 知識
2. 理解: わからないことをわからないままにしない
3,4. 実践、習得: できないことをできないままにしないで、できるようになるまで行う
5. 貢献: 自分ができるようになったら、自分だけのものにせず、周りの人に分かち合う

○ 目標を達成するためには、習慣の壁にぶちあたる。
(つまり、朝6時に起きようと思い、それがいいことだと思いつつも達成できないなど)

○ 理想の自己イメージをもつ

○ ココロと環境が安定しているか常に問うこと
 →何かを成し遂げる時に精神の状況など地盤は大事

【途中で多種多様に渡るワークが用意されている】

○ 達成する為に心がけたいこと

  • 願望の明確化
  • 時間とお金の使い方をチェック
  • 客観的に行動を自己評価
  • 改善計画とその実践