読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:Start

いまはディレクターやってます

『グローバル資本主義を卒業した僕の選択と結論』

グローバル資本主義を卒業した僕の選択と結論
グローバル資本主義を卒業した僕の選択と結論


受験体験記のような内容でした。
私は受験対策の時は勉強法から入っていたので、ちょっと懐かしい気持ちがしました。

刺さった所

何か新しい勉強を始めるときは、「基本」を大事にすること。「人に話せるような」レベルにすること。

当たり前の話ではあるんですが、映画の冒頭を見忘れると中身についていけない、みたいな感覚に陥るのかなぁと思うのです。

理解した=再現性がある

何かを教えた時に、じゃー今何言ったか言ってみて!と言われたような感覚ですね。自分でできて、理解にたどり着くというわけですよ。

英語は直読直解

この本、私も使ってたような気がするんですよね。つまり頭から読んで理解していくという話で、まずはガンガン振り返らずに読んでいく癖をつけることが大事だから、多読しましょうとか、言われた気がします。日本語訳のあの流れが取っ払われるのはなかなか気持ちいいものです。あれは苦手だった・・・。

衝動が大事だ

私は、CodeCleanerを読んで、「とりあえず」始めることはダメなんだと安易に思ってました。でも、思い返してみれば、「とりあえず」には「失敗してもいいよね?」という意味が含まれているからダメだという話でした。衝動で突撃していくことは、「とりあえず」と違って、失敗要素が暗に含まれてるといえないのではなかろうかと。

まとめると

★★☆☆☆ 大した本ではなかったので立ち読みで十分だと思われます。